ロシアンルーレット

ロシアンルーレットにまつわる映画ベスト10および有名シーン 

0

武器が一つ、弾が一つ。誰もが運だけを頼る、がらんとした空間。これが、ロシアンルーレットとして知られる有名な精神的ゲームを構成する要素です。プレッシャー、興奮、カッコよさ。いくつかの優れたヒット映画では、ロシアンルーレットがその魅力の一つになっています。ここでは、興奮するロシアンルーレットにまつわる映画シーンのベスト10をご紹介します。

アリゾナ・ドリーム(1993年)

リストの1作目は、アリゾナ・ドリーム 。ジョニー・デップがキャリア初期に出演した映画で、アリゾナに流れてきて母娘と出会う青年を演じました。デップとリリ・テイラーが、深刻で危険なロシアンルーレットのシーンに登場します。

憎しみ(1995年)

ロシアンルーレットにまつわる映画ベスト10。1995年に公開された『憎しみ』は、フランスの社会問題を描いた白黒映画です。蜂起が起きてから24時間後のフランスにおける、3人の男の人生をヴァンサン・カッセルが芸術的な画面で描写します。フランソワ・ルヴァンタルの演技が、ロシアンルーレットのシーンで光ります。彼は、マグナム44と呼ばれる先端の尖っていないスミス&ウェッソンズ629を用いてゲームをします。

スタスキー&ハッチ(2004年)

街に精通した2人の警官が、赤と白のフォードのトリノに乗った犯罪者を捕まえるコメディ映画。有名なテレビドラマの映画版で、ベン・スティラー演じるスタスキーが、知らず知らずのうちに銃を装填してしまってゲームをするという、珍妙なロシアンルーレットのシーンがあります。

レオン(1994年)

プロの凄腕暗殺者が、12歳の少女と一風変わった友情を育んでいきます。リュック・ベッソン監督は、自信をもって少女がロシアンルーレットをするシーンで、若きナタリー・ポートマンを見事に映し出しています。

L.A.コンフィデンシャル(1997年)

本作では、1950年代の腐敗したロサンゼルスで、ラッセル・クロウ演じるハチャメチャな捜査官バド・ホワイトが、自分の思いのままに過激な取り締まり戦術を展開します。同僚が仕事に失敗した時、バドは犯罪者とロシアンルーレットのゲームをするべく乗り込んでいきます。

マルコムX(1992年)

本作でデンゼル・ワシントンが演じる主役マルコムXは、挑発的かつ有力な黒人国家主義者で、最初はつまらない犯罪者でしたが、最終的には「ネーション・オブ・イスラム」の閣僚になります。ある時、マルコムは、グループの主導権を握ろうとした直属の仲間の一人であるルディと、ロシアンルーレットで戦います。

キスキス、バンバン(2005年)

ギャンブルが効果的に使われているエキサイティングな映画として人気があり、ロシアンルーレットの場面が展開にスリルを加えています。ハリー・ロックハート役のロバート・ダウニーは、ヘルスクリニックの警備員とロシアンルーレットで勝負します。

13/ザメッティ(2005年)

2009年に公開された本作は、アイルランドで平和な生活を送るマクマナス兄弟の物語です。大好きな神父が殺害された後、復讐のためにボストンに戻ってきます。ポッパ役の主演ビリー・コノリーが、武器を使って事件を捜査します。ロシアン・ルーレットのシーンでは、彼が矢面に立ちます。

Jennie Wheeler

ロシアンルーレットにまつわる映画シーンのベスト10

Previous article

ロシアンルーレットにまつわる映画の魅力とは?

Next article

You may also like

Comments

Comments are closed.