ルーレットのゲーム

ロシアンルーレットにまつわる映画シーンのベスト10

0

大画面に映し出される、人生の中でも非常に野蛮な戦いでつかむ血なまぐさい栄光。WatchMojo.comへようこそ。当サイトでは、独自に選んだロシアンルーレットにまつわる映画シーン映画ベスト10をご紹介します。

このリストでは、映画に現れるロシアンルーレットの超有名シーンに焦点を当てます。「典型的」なゲームが描写される場合もあれば、特定の人格を「示唆する」ような場合もあります。記憶に残るかどうか、および知名度を重視してセレクトしました。また、途中でいくつかネタバレもありますので、ご注意ください。

10:アリゾナ・ドリーム – ロシアンルーレットをやってみる

ジョニー・デップが比較的若い頃演じた役柄であり、男がアリゾナ州に引っ越してきて、母と連れ子の娘の関係に巻き込まれます。その情熱は人生を暗がりへと引き込んでいきますが、狡猾なグレースにロシアンルーレットでちょっと遊んでみようと誘われて、更なる深みにはまっていきます。

9:憎しみ – 虚勢を張る男

暴力的な蜂起の後、自分自身の誘惑をコントロールして有意義な生活を送ろうと努力する3人の男たちの苦闘とドラマを描きます。

8:スタスキー&ハッチ – ユーモラスな男意気

人気テレビドラマ番組をユーモラスに映画化。ベン・スティラー演じる刑事デビッド・スタスキーは、悪者を捕まえるヒーローとしての男らしさがたっぷりです。容姿、強さ、そして行動。こうした男意気が、明らかな戦略不足を補ってくれます。

7:レオン – 愛か、それとも別れか

殺人者でも、人生の中で愛のために行動することがあるのでしょうか?ナタリー・ポートマンが自分自身に銃を突きつけ叫ぶとき、彼は愛を示します。リュック・ベッソンによる名高いフランススリラー映画では、幼いマチルダは殺人者に対して愛着を抱き、それだけではなく殺人業を学んでいきます。

6:L.A.コンフィデンシャル – ワルの警官

オスカーをこの受賞したネオノワール映画で、ガイ・ピアースはエド・エクスリーを演じます。エドは、推測によりデータから情報を組み立てるのに特殊な戦術を用いるロサンゼルスの刑事です。また、ラッセル・クロウ演じるバド・ホワイトは、妻を殴る男や女性を利用する男には、すぐに突っかかっていく刑事です。

5:マルコムX – 生きるか死ぬかの勝負

マルコムが生まれる前には、デトロイト・レッドがいました。デンゼル・ワシントン演じる主人公は、強敵を目の前にして自分の強さを証明するため、一方的なロシアンルーレットの試合でルディというギャング仲間を打ち負かします。弾丸を前にして、デトロイト・レッドは生きるか死ぬかという可能性に果敢に立ち向かいます。

4:キスキス、バンバン – はったりかましてもいいですか?

『アイアンマン3』の監督シェーン・ブラックによる長編デビュー作品では、ロバート・ダウニー・ジュニアとヴァル・キルマーが出演。ロバートは泥棒から俳優へと転向して、不器用ながら友人のハーモニーを探しに行きます。

3:憎しみ – 電球の点灯後

フランスで懸命に収入を得ようとしている男が、謎の図を発見して、もっとお金を稼ごうと知恵を絞ります。ところが、セバスチャンは異例のロシアンルーレット勝負に巻き込まれてしまいます。この映画の粗野な性質が、白黒の画面で更に際立ちます。

2:処刑人II – ダディの働き

『ウォーキング・デッド』のノーマン・リーダスを知る人にとっては、彼がかつて『処刑人』への出演で知られていたことは驚きかもしれません。続編『処刑人II』は、後から思えば素晴らしいアイデアではありませんでしたが、典型的なロシアンルーレットのシーンがあり、ビッグダディ・ノアが武器を手にアイルランド人としての幸運を信じて、必要な情報を得ようとします。

1:ディア・ハンター – 囚われた後で

マイケル・チミノ監督はこの陰鬱な名作映画で、戦争の感情面を露出させるという本質的な役割をロシアンルーレットに持たせました。マイクとニックは、北ベトナムでの経験に囚われて影響を受けやすくなっており、友人同士がロシアンルーレットで勝負することになってしまいます。

Jennie Wheeler

ギャンブルファンなら見逃せないロシアンルーレットにまつわる映画ベスト10

Previous article

ロシアンルーレットにまつわる映画ベスト10および有名シーン 

Next article

Comments

Comments are closed.